銀行で融資を受けるのとノンバンクと、どちらが簡単ですか?

不動産を担保にローンを組んだ場合、金利が安いのは銀行ですが融資はそれだけで叶えられるわけではありません。

融資の前提についてお話ししましょう。

◇どちらにもメリット・デメリットがある。

銀行で融資を受けるメリットは金利が低いことです。

しかし銀行では提出書類・必要書類というのが多く、融資の実行までに時間がかかるというデメリットがあります。

ノンバンクでのローンは、金利は高いけれども申込みが簡単。

必要書類が少なく、原則、担保物件がしっかりしていて問題がなければ、融資実行までの期間が非常に短いです。

ザッとしたお話しですが、両者それぞれにメリット、デメリットがあります。

◇銀行もノンバンクもお互い様の関係。

現実的な話をすると、銀行には与信審査の能力がないので、系列のノンバンク系や消費者金融系の与信審査ベテランスタッフに委託しています。

不動産の査定も同様です。

銀行もノンバンクも消費者金融系も、その意味ではつながっています。

お互い様の状態で機能の貸し借りをしているので、どこで不動産を担保にローンを組んでも内実は同じです。

◇ノンバンクは銀行から原資となる資金を融資してもらっている分、金利は二重になっていて高めですが、与信は自社で行うので貸出実施が早くなります。

銀行にもノンバンクにもメリット・デメリットがあります。

問題は貸出金利です。

返済シミュレーションをやってみて無理がないようならノンバンクでもいいと思います。

しかし甘い計画を立てると破産の恐れもあるので注意しましょう。

This entry was posted in 銀行とノンバンクの違いについて. Bookmark the permalink.

Comments are closed.