ビジネスローンは、事業者でも不動産を担保に融資を受けられますか?

ビジネスローンは不動産を担保にした融資でも、銀行より高い金利が設定されていますが事業者でも借入れ可能です。

使途は問われませんが、その分、注意が必要です。

概略をお話ししましょう。

◇金利の上乗せで銀行よりは高い金利

ビジネスローンはノンバンクの金融商品(融資)ですから、当然、銀行よりは高い金利が付いています。

ビジネスローンから実行される融資は、不動産を担保にしたローンでも無担保ローンでも、その原資となるのは銀行からの融資です。

ノンバンクは銀行に利子を付けてお金を返さないといけないので、その分の金利が上乗せされています。

しかし銀行にくらべて手続きが簡単というメリットがあります。

◇使途が問われない、手続きも簡単。

ノンバンクで不動産を担保にした融資を受けた場合、使途は問われません。

普通のキャッシングカードと同様に、コンビニのATMから出し入れ自由の状態になります。

土地の権利書や過去5期分の決算書など、数点の必要書類を提出すれば融資を受けられます。

すでに不動産を担保にしたローン以外の取引実績がある人は、来店の必要がなく、ファックスなどで申込み手続きが終了します。

◇ビジネスローンはどちらかといえば事業者向けの融資です。

不動産を担保に融資をですから、申込みは簡単です。

申込み手続きが簡単で融資実行までの期間が短いのがビジネスローンの特徴です。

ただし貸出金利は銀行にくらべ高く、キャッシング方式なので無駄遣いしやすいのが難点です。

注意しましょう。

This entry was posted in 不動産担保ローンの利用対象者. Bookmark the permalink.

Comments are closed.