不動産投資で退職後の独立を目指す

このたび、日銀によるゼロ金利が施行されたため、投資家たちは不動産株やリートに投資資金を集中させる傾向にあります。

この先の日本円の失速やオリンピック後の日本の景気などを鑑みて、私的年金作りを考えている人にとっては、不動産投資はとても身近な話題になっています。

投資用ワンルームマンション、一棟貸などさまざまなワードが並ぶ中、自分の身の丈にあった地道な不動産投資の方法を見つけようと、セミナー会場にも熱気があふれています。

自己資金をどの程度準備すべきか、リスク管理とは何か、初めての大家業には不安が付きまといます。

とはいえ、このまま手をこまねいていると、リスクを取らなかった人には何のリターンも望めないのもまた事実です。

小さな子供がいる人にとっては、この先子育てや教育にかかるお金は右肩上がりになってしまいます。

給料が上がる可能性が低い場合、このギャップを埋めるためには、なんらかの手を打つ必要が出てきます。

老後の年金に頼って生活ができる世代はすでに終わり、これからは自分自身の蓄えで老後を暮らす時代になっていることは、多くの人の共通の認識です。

★今後の資産形成に最適な不動産投資といえば…不動産投資のGlobal Homesも要チェックです。

今後、親から渡された貴重な財産をどうやって守り増やすのか、自力で老後を生きるために、どのような投資を現段階から行うべきなのかを考えると不動産投資は最適といえるでしょう。

最初の一戸を購入してから、その後に投資物件を増やすことで、定年前には家賃収入で生活ができるようになる、そんな目標を持って不動産投資を始めるサラリーマンが増えています。